スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茂木健一郎の「脳が変わる生き方」を読んで

久々に更新します

初心者で不慣れなもので、訳もわからず色々していたら、せっかくアップした画像を何枚か削除してしまって


それがあまりにもショックだったので、な~んかやる気なくしてました




私事で失礼いたしました

そんなこと、皆さまにはどうでもいい話ですよね



気を取り直して頑張りますのでどうぞよろしくお願いします


なかなかブログを書く気になれなくて、重い腰が上がらなかったのですが、最近図書館で借りた本に、ちょっと気持ちを奮い立たせてくれるこんな一文があったのです。



 何か書くことが分かっていて、書くわけではない。書いたらそのときはじめて、自分の考えていることが分かる。脳はそういうふうにできている。とにかく、出力してみろということです。



今まで、「そうだ、あれを書こう」と書くことが決まってから、よっこらしょと書き始めていたのですが、この一文を読んで、なんか腑に落ちました。


  
そうなのか~
そんなものなのか~


肩の力が抜けたというか…もっと楽しんで書こうッと思いました


ということで…

上記の一文は「脳が変わる考え方」という茂木健一郎さんの本から引用させていただきました


当分は上記の気持ちを忘れずにいきたいと思いまっす



脳が変わる生き方脳が変わる生き方
(2009/11/05)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



脳科学者ってやっぱり視点がおもしろい
すごいですね~茂木さま


今日も最後まで読んでくださってありがとう
よい休日をお過ごしください
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。