スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「置かれた場所で咲きなさい」を読んで

著者の渡辺和子さんは、ノートルダム清心学園の理事長をされています。

修道女の方でいらっしゃいます。

36歳の若さで大学の学長に任命されて、いきなりのこともあり、様々な葛藤や感情が心に入り乱れたそうです。

修道女の方であっても、一般の私たちと同じ、怒り憤りといった感情を抱かれたようです。

でもそのような感情とどのように向き合われたかを、正直に書いてくださっているので、

私たちが日々遭遇するような、感情の乱れに対する取り組み方において、学べる点がたくさんあります。


CIMG0961.jpg



渡辺さんが学長になった当初、それまでの学長の約半分ほどの年齢の渡辺さんに対して

周りの人たちの態度は、当然風当たりの強いものでした。

いつの間にか渡辺さんは、「くれない族」になっておられたそうです。

「くれない族」とは、「あいさつしてくれない」こんなに苦労しているのに「ねぎらってくれない」「わかってくれない

というものです。

そのように、渡辺さんが自信喪失しているとき、一人の宣教師が一つの短い詩を、渡辺さんに渡してくれました。

その詩の冒頭の一行に、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉があり、その詩、その言葉を渡辺さんは

ご自分で解釈されて、その結果、ご自分が変わろうと決心されたそうです。

その解釈というのは、

置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せになったり、不幸せになったりしては、自分は環境の奴隷でしかない。人間と生まれたからにはどんな所に置かれても、そこで環境の主人となり、自分の花を咲かせようと、決心する。



それは、「私が変わる」ことによってのみ可能であるというものでした。

自分からあいさつし、ほほえみかけ、お礼を言うことによって、周りの教職員や学生たちの態度にも、変化があったようです。

そうして、

どんな状況であっても、「こんなはずじゃなかった」と思えるような時でも、

「時間の使い方はそのまま、いのちの使い方なのだ」ということを忘れずに

「咲く」努力をする心を忘れずに、自分に与えられた状況、立場をありがたく

花のように精いっぱい生きましょう…

というように、考え方が変わったそうです。


あんこりんも、「なんで私だけこんな目に」とか、「こんなこと全然望んでいなかったのに」というように

自分の置かれている状況を恨んだり、他の人のせいにしたりしていました。

でも、この本を読んで、

そうだ、泣いても、嘆いても、人のせいにしても、状況は変わらない。

変えられるのは、自分の考え方だけだと気付きました。


社会で働いていると、いろんな人がいます。

本当に色々な人がいます。

傷つけられること、軽々しく扱われること、腹立たしいこと日常茶飯事です。

でも、どんな状況であっても、自分の心を正しく持って「咲く」努力をしたいと思います。

どうしても今「咲けない」という時には、無理に咲けなくても、いつかきっと美しく咲けるように

そのときまで、しっかりと下に根を張って、十分力を蓄えます。

今すぐに目に見えた成果はなくても、見えない部分では確実に「咲く」準備が進んでいるのです。



置かれた場所で咲きなさい


今日も最後まで読んでくださってありがとう  by ankorin




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。