スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『あれこれ考えて動けない』をやめる9つの習慣」を読んで

優柔不断なあんこりんは、考えすぎて動けないこと、めちゃめちゃありすぎます

やる前からつい失敗を恐れてしまって、前に踏み出せない。

あ~なったらどうしよう… こ~なったらいやだなぁ…
と限りない負のスパイラルが、頭の中だけで続いていきます。

まだ何にもおこっていないのに

もうすでに悪い結果が出てしまったかように、失敗した時の対処法を考えているんですよだめだこりゃ…

そんな毎日を送ってるあんこりんですが、またまた先日いつものように図書館で、
なかなかgoodな本を見つけることができました。

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

タイトルの通りです。
「あれこれ考えて動けない」あんこりんの性格そのままのタイトルに、つい手が引き寄せられていきました

内容は

1.とにかく動く

2.できることだけ、やる

3.他人に頼る

4.計画しない

5.休む

6.失敗してみる

7.感情にしたがう

8.マネする

9.法則を見つける

という9つの「動けない」脱出法です


このなかで、基本超マイペースなあんこりんでもできそうな項目にまず注目してみました

2.できることだけ、やる
ってやつです。

 こ、これならできる…

「ラクはすばらしい。 できること すきなこと をまず選ぼう。」な~んて書かれています


2.の本文を概観してみると、
トーストが焦げたとき、焦げたほうを表にしていやいや食べるのか、焦げたほうを裏にして、焦げてないと思って食べるのか…
という提議がなされています。
例えで、今の食育では、子供の偏食をなくすのに、嫌いなものから食べさせるという方法があるが、心理学者でもある筆者は、そうではなく、大好物なものから食べれば、「食べる」こと自体が楽しいことであると子供に刷り込むことができ、食育効果が上がると述べています。

そうだよね

確かにあんこりんはまず嫌いなのから食べて、好きなのは後に残しておくタイプ…
でも、最初から嫌いな物を食べるから、そのうち食欲がなくなってきて、結局大好きなものにはありつけない…
という、悲しい結末。
仕事もそれと同じだと筆者は述べています。


嫌いなものや苦手なものは、無理することはない。避けてしまったっていいのだ。嫌々やっても、うまくいくはずはないし、意欲を失っていくばかり。(略)だから、まずは、好きなことをやる。食事なら、好きなものから食べる。(略)得意なところから、かんばることで目立つということを考える。

なるほど…苦手だったら、避けてもいいんだ
無理したり、がまんしたりするよりも、自分の得意なことをやっていったほうが…そのほうがずっといい結果が出せるんだね

嫌いなものから食べるタイプのあんこりんは、嫌いで苦手なことでも、我慢して
しなければならないと思いこんでいました。

嫌なことから先にやれば、きっと後がだと思い込んでいました…
が、
結局、その嫌なことをするのに、一杯一杯になってしまい、
好きなこと、本当にしたいことにまで手が回りませんでした。
嫌なことをするのに、体力、気力を使い果たしてしまっていました

そうです
得意なこと、楽しいことから始めたほうが、物事が速く進むし、結果も出やすいんです。
そして、そのノリのいい状態で、しなければならないことも、やっていく…

ちょっと、楽になりましたよ


あんこりんのように、「あれこれ考えて動けない」方は
読んでみると、肩の力を少し緩めることができると思います



「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
(2009/11/20)
和田 秀樹

商品詳細を見る


「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

まず、得意なことをしよう


最後まで読んでくださってありがとう   by ankorinn
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。